FC2ブログ
岡山県立岡山芳泉高等学校3期生のブログです。

劇団「燐光群」の公演

こんにちは、山下です。

既報どおり、芳泉高校四期生の坂手洋二さんの劇団「燐光群」の公演が岡山市立市民文化ホールで行われました。

女の一生というか身の回りでおこるさまざまなシーンを3分間ずつ細かく演じられ、それでいて全体にストーリ性をもたせており、、なかなか興味深いものでした。



主演は竹下景子さんです。

そこに出演するさとうこうじさんという役者さんも芳泉高校の6期生で、我ら3期の佐藤哲也君の弟さんです。
101217nisigawa-2.jpg

場内は満員で、熱のこもった演技に釘付けになっていました。
2010-12-17 : 活躍する仲間たち : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

佐藤哲也君の弟さん出演の演劇案内

12月17日(金)に四期生の坂手洋二さんの劇団
燐光群の公演が岡山市立市民文化ホールであります。
ちなみに主演は竹下景子さんです。
そこに出演するさとうこうじさんという役者も、
芳泉高校の6期生で,なんと3期佐藤哲也君の弟さんです。

同窓生がかかわる公演としてご案内申し上げます。

http://www.alles.or.jp/~rinkogun/3min_okayama.html

【公演概要】

第29回岡山河畔劇場2010

燐光群公演

『3分間の女の一生』
作・演出:坂手洋二

[主催] 燐光群  [共催] NPO法人アートファーム


[日 時] 2010年12月17日(金)19:00開演

[会 場] 岡山市立市民文化ホール
      〒703-8293 岡山県岡山市中区小橋町1-1-30 TEL 086-273-0395

[キャスト]竹下景子・円城寺あや・さとうこうじ・中山マリ・猪熊恒和・鴨川てんし・川中健次郎・大西孝洋・小山萌子 他

[スタッフ]作・演出=坂手洋二 照明=竹林功(龍前正夫舞台照明研究所)
      音響=島猛(ステージオフィス) 衣裳=宮本宣子 舞台監督=高橋淳一
      美術=じょん万次郎 他

[料 金] 全席指定
      前売3,500円 当日3,800円 学生1,700円 高校生以下=1,200円

[チケット取り扱い]
  ぎんざや TEL086-222-3244
  岡山シンフォニーホールチケットセンター TEL086-234-2010
  チケットぴあ TEL0570-02-9999(Pコード408-226)

[予約・問合せ]
   NPO法人アートファーム TEL086-233-5175  FAX086-239-5895
   URL=http://www.artfarm.or.jp
   E-mail=info@artfarm.or.jp

[前売開始]2010年10月23日(土)

[後援]岡山県 岡山市 山陽新聞社 朝日新聞岡山総局 読売新聞岡山支局 
    毎日新聞岡山支局 RSK山陽放送 OHK岡山放送 

[主催]燐光群/(有)グッドフェローズ [共催]NPO法人アートファーム

[助成]文化芸術振興費補助金(芸術創造活動特別推進事業) 
財団法人福武教育文化振興財団


3min-okayama-ura.jpg

3分間の女の一生

作・演出○坂手洋二


私ども燐光群は、竹下景子ら魅力的なゲストを招いて、全国8都市で、坂手洋二の最新書き下ろし・演出作『3分間の女の一生』を上演します。

燐光群『3分間の女の一生』は、「全てのシーンが3分間で描かれる」という、世界演劇史上初の試みを果たします。野心的で斬新なアイデアと社会性を併せ持つ、エンターテイメント性の高い最新作です。
「3分間」は、日本の「高度経済成長」を象徴する単位です。公衆電話の通話時間、3分間スピーチ、ボクシングのワンラウンド、インスタントラーメンの茹で時間やレトルトカレーの加熱時間、「ウルトラマン」の地球滞在時間でもあります。その「単位」を坂手洋二と燐光群が、新たな視点で提示します。
『チェックポイント黒点島』(2006年)で初参加した竹下景子が、再び出演します。彼女を中心として、燐光群という「集団」にこだわったアンサンブル、そして『現代能楽集 チェーホフ』に続いての円城寺あや・小山萌子、さらに、さとうこうじら、多彩で魅力的なゲストも加わります。

本作は、燐光群の代表作のひとつ『屋根裏』の系譜に位置します。「世界一小さな舞台空間」で繰り広げられる多彩なドラマとして絶賛された『屋根裏』は、国内ツアー及び海外5カ国で再演を繰り返し、アメリカ・フランス・韓国・オーストラリアでそれぞれのバージョンが作られました。「ひきこもり」とされる人々が自ら閉じ籠もるためのパッケージ空間である「屋根裏」が商品として流通する近未来、呼応しあうように起きる世界各地の事件の数々が、時としてポップに、ミステリアスに描かれています。

『3分間の女の一生』は、『屋根裏』同様、画期的なアイデア、芸術的な実験性、演劇の常識をくつがえす大胆な構造・手法で、「現代」を描きます。

女性の人生を描いた過去の諸作品に学びつつ、現代の新しい「女のドラマ」を作り上げます。「性」という概念を問い直し、少子化・晩婚化・高齢化といった現在の社会状況も反映させつつ、日本の歴史・社会を見つめ直します。

「3分間」という時間の牢獄の中で、自らの運命に立ち向かうヒロイン。演劇史上類を見ない冒険によって描かれる、本年度最大の問題作といえる本作に、どうかご期待下さい。




2010-12-05 : ご案内 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

第9回芳医会特別企画 市民公開講座 [がんと闘う医療~最先端の治療現場から

下記講演に3期藤原君と森脇君が参加されます。
終了後、3期プチ同窓会も企画しています。
ご参加ください。


第9回芳医会特別企画 市民公開講座
[がんと闘う医療~最先端の治療現場から」
2011 年1 月8 日(土) 14:00~
ピュアリティまきび 孔雀の間 岡山市下石井2-6-41 TEL 086-232-0511

司会
時末 充 氏 (1 期)  
玄馬 顕一 氏 (4 期)

講演
藤原 俊義 氏(3 期) 「食道がん・胃がん治療の最先端治療」
瀧川 奈義夫 氏(5 期) 「進行肺がんとともに生きる」
森脇 浩之 氏(3 期) 「利用者の立場から望まれる病院連携」

パネルディスカッション 「これからのがん治療」

主催 芳医会(岡山芳泉高校同窓会支部会)
共催 岡山芳泉高校同窓会 

講演
①「食道がん・胃がんの最先端治療」 
藤原 俊義 氏(3期) 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・腫瘍外科学 教授

 従来の外科はメスによる手術が主体でしたが、最近は内視鏡治療、抗がん剤治療、遺伝子治療を組み合わせて、早期がんから進行がんまでトータルに治療するプロ集団に生まれ変わっています。講演では、遺伝子操作したウイルス製剤を用いた胃がんの治療・診断を中心に最先端治療を紹介します。

②「進行肺がんとともに生きる」
瀧川 奈義夫 氏(5期) 岡山大学病院 呼吸器・アレルギー内科 助教

 肺がんは治りにくい癌でしたが、抗がん剤に放射線治療や分子標的薬という新薬を組み合わせることで5年以上生きられる患者さんが増えています。講演では最新の肺がん治療について紹介します。

③「利用者の立場から望まれる病院連携」
森脇 浩之 氏(3期) 岡山画像診断センター SPC  ㈱ODIC 執行役員

 がん治療は高度化・複雑化し、一つの病院で全ての領域のがんに対処することが困難になっています。岡山画像診断センター設立に関わった経験から、これからのがん治療における病院連携の重要性・今後の問題点について述べたいと思います。

パネルディスカッション 「これからのがん治療」


お申し込み方法: 往復葉書に①郵便番号・住所、②氏名(ふりがな)、③参加人数、
④質問事項(ある場合のみ記入)をご記入の上、お申し込み下さい

(申込締め切
り日 2010年12月31日)

申込先: 〒700-0816岡山市北区富田町2-13-12 コートサイドビル1階 森脇事務所内 
芳医会 市民公開講座事務局

お問い合わせ先: TEL 086-223-4013 FAX 086-221-2441 Eメール houikai@gmail.com 

市民公開講座案内ポスター
 

2010-12-01 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

岡山芳泉高校3期生

Author:岡山芳泉高校3期生
岡山芳泉高校3期生の山下です。このブログが3期生の交流の場となればと思います。H20年8月に3期同期会を行います。皆様多数ご参加ください。連絡はhosen03@hosen.gr.jp までどうぞ。

住所・氏名変更

住所・氏名の変更はこちらよりお願いします。